桝設置

農業土木に欠かせない桝の設置工程を見学しました。


桝は農地と水路/排水路を繋ぐ配管を中継する大事な設備です。

雨により地中に水分が多い時は、余分な水分が地中の管に集められ、桝を通して排水路へ排出されます。

これが適切に行われないと農地の水分が多くなりすぎて、農作物に悪影響を及ぼします。

また水が足りない時は、水路を流れる水が桝を通して地中へと供給されます。


桝を設置するには、まず重機(バックホウ)で設置場所の土を掘ってスペースを作ります。

そしてスコップなどで整えた後にランマという機械で土を押して締固めます。

これにより地盤が強化され、安定します。

最後に重機で設置場所まで桝を運搬して、周りを土で固めて固定します。


建設現場は忙しい時期ですが、体調管理に気を付けて業務に励みたいと思います。